便利屋サービス21コラム

2024.1.26

マンションの遺品整理の費用相場と安くする3つの裏ワザ

「亡くなった親の住んでいたマンションの退去期限がもうすぐ。
急いで遺品整理をしたいけれど、お金も時間もない!」

「もう誰も住んでいない分譲マンション、売るなら早い方がいいのかな?
でも遺品整理が全然進んでいなくて、荷物がたくさん…」

自分で進めるのが難しい遺品整理。
遺品整理は業者に依頼すると非常にスムーズに進めることができます。

しかし、そこで気になるのが遺品整理を業者に依頼した時の費用ではないでしょうか?
今回はマンションの遺品整理の費用相場と、安くする3つの裏技を解説します!

マンションの遺品整理の費用相場

親や兄弟など大事な方が亡くなった後。
亡くなった方が賃貸マンションに住んでいた場合、管理会社や大家と相談し、退去期限までに遺品整理を終えなければいけません。

また、分譲マンションの場合でも、一般的には築年数が経つと値段が下がってきてしまうため、出来れば早めに遺品整理を終えておくと安心です。

そんなマンションの遺品整理を業者に依頼した場合、費用の相場は以下になります。

1R~1LDKの費用相場

1R・1Kの場合:30,000~80,000円
1DKの場合:50,000~120,000円
1LDKの場合:70,000~200,000円

2K~2LDKの費用相場

2Kの場合:70,000~200,000円
2DKの場合:80,000~200,000円
2LDKの場合:100,000~300,000円

3DK~3LDKの費用相場

3DKの場合:100,000~300,000円
3LDKの場合:120,000~400,000円

4DK・4DK以上の費用相場

4DKの場合:120,000~400,000円
4LDK以上の場合:220,000~600,000円

遺品整理の費用についてもっと詳しく知りたい方は『遺品整理にかかる費用はいくら?業者に依頼するメリット・デメリット』の記事をご覧ください。

こちらの記事では作業人数や作業時間の目安もご紹介しています。

孤独死があった部屋の場合の費用相場

孤独死があった部屋は、強い悪臭や汚れが発生してしまうため、ハウスクリーニングでは対応しきれず、特殊清掃が必要になります。

この特殊清掃が大体7万円以上になります。

孤独死があった部屋の場合、同じ間取りの費用相場に追加で7万円以上を見積もっておくと良いでしょう。

番外編:一軒家やアパートの費用相場

マンションの費用相場は、一軒家の費用相場より安くなっています。

同じ間取りでも一軒家の方が面積が広かったり、物が多かったりするケースが多いためです。
一軒家の費用相場については『【一軒家の遺品整理】費用相場と安心できる業者の選び方』の記事で詳しく解説しています。

マンションとアパートの費用相場はほぼ同じです。

ただし、アパートの方がエレベーターがないことが多く、エレベーターの無い2階以上の部屋の場合、費用が高くなる傾向があります。

アパートの費用相場については『孤独死の部屋は高額⁉アパートの遺品整理の費用相場とは?』の記事で詳しく解説しています。

遺品整理の費用はどうやって決まる?

遺品整理の費用を決めるポイントは主に以下の4つです。

  • 部屋の広さ
  • 物の量
  • 階数(エレベーターの有無)
  • 必要なサービス(ハウスクリーニング、特殊清掃)

これに加えて、駐車場が近くにあるかどうかや、不用品買取を利用するかどうかなどでも変わってきます。

基本的には都市部の方が高く、地方の方が相場が安いといわれています。
しかし都市部であっても、競合の業者が多い地域は値段競争のおかげで費用が安くなる傾向があります。

マンションの遺品整理は自力でできる?

遺品整理の費用が不安な場合、できれば自力で行って費用をかけたくないと考える方も多いかと思います。
では、マンションの遺品整理は自力でできるのでしょうか?

結論からお伝えすると、マンションの遺品整理を全て自力でやるのは難しいでしょう。

特に難しいのが、ソファやタンスなどの大型家具、冷蔵庫などの大型家電、クーラーなど工事が必要な家電の撤去・搬出・処分です。

無理に自力で行うと部屋や共有部分などを傷つけてしまう可能性もあります。

そのため、マンションの遺品整理は業者に依頼するのがおすすめです。

費用を安くする3つの裏ワザ

マンションの遺品整理を業者に依頼したいけれど、少しでも費用を安く抑えたい。
そんな時に使える費用を安くする3つの裏ワザをご紹介します!

相見積りをとる

絶対にしておきたいのが、相見積りをとることです。

「相見積りなんて業者に失礼なんじゃ…」
そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、業者の方も慣れているため気にすることはありません。

むしろ、相見積りをとることで怒るような業者はあまり良い業者ではない可能性があるため避けた方が無難です。

業者によってスタッフの雰囲気や、得意なサービスに違いがあります。
相見積りの際には値段だけではなくスタッフの対応や、サービスの内容をしっかりチェックしておきましょう。

そして、わからないことがあった場合には遠慮せず再度問い合わせてみましょう。

料金に大きな差がある場合、同じ名目のサービスでもサービスの内容が違っていたり、対応するスタッフがアルバイトか経験豊富な自社スタッフかという違いがあったりするかもしれません。

費用を安くするためだけではなく、作業後の満足度の違いのためにも相見積りをとるのがおすすめです。

できる限り自分で片付ける

遺品整理の費用は、整理する物の量が多いほど高くなります。
そのため、自分で片付けられる物は自分で片付けておくと業者に支払う費用が安くすみます。

粗大ゴミや家電などは自力で処分するのにもお金がかかるため、自分で処分した場合の費用(運搬費用、処分費用)と手間を考え、無理しないことも大切です。

不用品買取を利用する

遺品整理では故人が亡くなるまで使っており、まだまだ使用できる物も多くあります。
そんな時におすすめなのが、不用品買取を利用することです。

不用品回収で処分すると出張費や処分費用がかかってしまいますが、不用品買取で買い取ってもらえれば逆にお金を得られる可能性があります。

ただしリサイクルセンターなどの不用品買取では、出張買取をやっていない、もしくは出張費用が発生する場合もありますので依頼する前に確認が必要です。

また、不用品を運搬したり業者に来てもらったりとスケジュール調整が必要になるため、急いでいる場合には不用品買取の利用が難しいこともあります。

便利屋サービス21では遺品整理と不用品買取を同時に行い、遺品整理費用から不用品買取の金額を清算するサービスも行っております。

栃木県佐野市|お母様の遺品整理でグランドピアノを買取させて頂いたご依頼

ご依頼のお部屋のお写真

こちらのご依頼ではピアノ講師をされていたお母様のグランドピアノを引き取らせて頂きました。

グランドピアノのような大きな物を自力でリサイクルセンターに運ぶことは難しいですが、便利屋サービス21にまとめてご依頼頂くことで、出張費をかけることなく、遺品整理を8時間で終えることができました。

遺品整理の優良業者を見分けるチェックポイント!

遺品整理を業者に依頼する際、安さだけで選んでしまうと悪徳業者に依頼してしまい、トラブルになってしまうことがあります。

今回は優良業者を見分ける3つの大事なチェックポイントについて解説します!

トラブルに合わないようより詳しく知りたい方は『遺品整理のトラブルを避ける!悪徳業者と優良業者の見極め方を徹底解説』の記事をご覧ください。

必要な資格・許可を取得している

遺品整理や遺品整理と一緒に行うサービスには、必要な資格や許可があります。

例えば、不用品を買取するためには古物商許可が必要です。
古物商許可は『古物商許可申請 警視庁』にあるように、警察署に申請をしてもらえる許可です。
許可のない人が不用品を引き取って売買した場合、犯罪になります。

優良業者は、必要な許可・資格を取得しており、それをわかりやすく開示しています。

便利屋サービス21では以下のように会社概要のページからご確認頂けます。

便利屋サービス21会社概要ページ

遺品整理士など遺品整理の専門家が在籍している

たくさんある遺品には、それぞれに故人の想い、遺された方の想いがあります。
しかしマンションの退去や保管・管理の難しさなどの理由から全てを取っておくことはできません。

処分するにも、自治体の収集に出せる物、粗大ゴミに出す物、業者に依頼しなければいけない物、お寺や神社などで供養してもう物などその方法は様々です。

そんな遺品整理を法規則にのっとり、かつ、故人の想いも遺された方の想いも大切にしながら進めていくことができる専門家の証が遺品整理士や特定遺品整理士の資格です。

後悔の無い遺品整理にするために、遺品整理の専門家が在籍している業者に依頼することをおすすめします。

口コミが良い

優良業者を選ぶために非常に参考になるのが口コミです。
もちろん星の数や点数なども大事ですが、ぜひ文章も読んでみてください。

遺品整理はただ物を処分するのではなく、想いを大事にして進めていく作業です。
スタッフの対応が丁寧だった話や、こんな想い出話をしながら進めましたという経験談が載っている業者をおすすめします。

マンションの遺品整理を依頼するなら便利屋サービス21がおすすめ!

マンションの遺品整理について、たくさんある業者からどうやって選ぶかお悩みなら、便利屋サービス21がおすすめです!

片付けから売却まで一括サポートが可能!

「汚部屋と呼ぶくらいたくさんゴミがあるけれど、どれくらい掃除してから遺品整理の業者に依頼するべき?」

「分譲マンションだから売却を考えているけれど、売却のための業者も探さなくちゃいけなくて大変!」

遺品整理業者というと遺品の整理しか依頼できないイメージがあるかもしれません。
しかし、便利屋サービス21なら汚部屋やゴミ屋敷の片付けから、物件の売却まで全てサポート可能です!

不動産売却に伴う一括サポートについてはこちらのページでご紹介しています。

遺品整理士・特定遺品整理士など遺品整理の専門家が多数在籍!

便利屋サービス21には遺品整理士・特定遺品整理士など遺品整理の専門家が多数在籍しています。
自力では難しい遺品整理を、専門家がまごころこめてサポートさせて頂きます。

遠方まで代理で遺品整理に伺ったり、遺品整理後の心のアフターケアのご相談にのったりすることも可能です。

神奈川県横浜市旭区の古書や骨とう品集めが趣味だったお母さまの遺品整理 – 便利屋サービス21

ご依頼のお部屋のお写真

こちらのご依頼のお客様は、元々お母さまの遺された品は処分せず、知人に譲渡したいと考えていらっしゃいました。
しかし膨大な数で遺品整理が進まなかったため、処分をご決断されたそうです。

作業を終えた頃には、「思い出の品が無くなっていくのはとても寂しいですが、これからはいつまでも心の中に刻んでおきたいと思います。」と気持ちにも整理がつけられたご様子でした。

遺品を処分する、ということに抵抗がある方は多いでしょう。
実際、ただひたすら処分してしまっては後悔してしまうこともあります。

気持ちにも整理をつけながら進められるよう、遺品整理専門のアドバイザーがサポートいたします。

後払い・分割払いを利用して頭金0円でご依頼可能!

便利屋サービス21では最大60回分割の自社ローン払い、分割払い、後払い等の制度がご利用頂けるため、頭金0円でご依頼可能です!

不用品買取の金額と遺品整理費用の清算も可能ですので、お急ぎの方やまとまったお金の準備が難しい方にも安心してご利用頂けます。

まとめ:お金のタイミングよりも気持ちのタイミングに合わせた遺品整理を

マンションの費用相場は部屋の間取りによります。
例えば、2LDKなら100,000~300,000円となります。

安くするなら以下の3つの裏ワザを使ってみましょう。

  • 相見積りをとる
  • できるだけ自分で片付ける
  • 不用品買取を利用する

遺品整理は、マンションの退去期限があればそれまでに、そうでない場合は遺品整理をしようという気持ちになれた時に行うのが理想的です。

しかし、気持ちのタイミングと必要なお金を準備できるタイミングが合わないことがあります。

費用が心配な場合には、分割払い、後払いが可能、不用品買取も可な便利屋サービス21に是非ご相談ください。

頭金0円でご依頼可能!東京・千葉・神奈川・埼玉のマンションの遺品整理にお悩みなら便利屋サービス21!